世界が雨に啼く音

I CAN'Tで語る言葉たち…   

Vtuberへの喪失感

自分は長い間音楽をやっていてそれの関係でBGMの依頼が来たのが始まりだった

Vtuberになる前から彼女とネット上の知り合いで、やりとりをしたり放送を見たりしているうちに他の人たちも見てみたいなーと言う気持ちになり2018年の夏の始まり頃から既に知っているキズナアイやミライアカリのような有名な人よりももっと頑張ってる人を応援してみたいと言う気持ちになりいろいろな人たちを見始めた

この間の期間は省略するが 2018年の冬ごろから一般Vtuberの悪事がどうしても目に入ってしまうのだ

犯罪ではないレベルの悪事、つまり汚い金銭の問題、 1つの芸能活動としての枠と見て視聴者への裏切り

このようなことが目に付いて仕方がない

 

自分はアマチュアでも音楽の世界にかなりの長い間いる自分として誰かを楽しませたいと言う気持ちは彼または彼女らと何も変わりは無い、だからこそその気持ちを大切にするべきではないのかと

好きなことをやってみてる人を楽しませたい、音楽と何も変わりは無い、絵描きも同じ、ダンスが好きな人も同じ、お笑い芸人も俳優もみんな同じだ

そこで出てくる問題が汚いやり口で獲得しようとするお金の問題

 

今年に入ってからはもっとひどくなった

あからさまに「お金をください」

「お金がなくてもやししか食べられない」

「1回でいいからおいしいお米を食べてみたい」

そんなことを言う人が非常に増えてしまった

この明らかに汚れた発言をするようになった人たちの大元はVtuberが好きならば大体はわかっていると思う、某ナチスドイツを思わせる軍服のアイツだ

 

冬から春、春から夏の終わる頃まではそこまでは気にはならなかったが、 Twitterで人を利用してフォロワーを集め、ある程度溜まったら一気に全員解除して人気者気取りをすると言ういわゆる昔からツイッターで嫌われるやり方ナンバーワンの「アルファ気取り」を平気でするようになった

ところがVtuberのファンは 80年代の松田聖子小泉今日子などを思わせるような盲目的なファンが非常に多く、ストーカーまがいの思想を持った人も少なからずいる

彼女はお金を得ようとする、その用途は自分が欲しいものいわゆる娯楽で使うものに過ぎない

しかし何の疑問も抱こうとしない妄信的なファンたち、こういう人たちを見て最近はうんざりしている

間違ったことをしたらそういうやり方は良くないよと教えてあげるのが本当のファンなのではないのか?

人間と言うものは欲深いものでいちど味をしめれば次から次へと同じことをやる生き物なんだ、動物も少なからず同じだが心が汚れてない人は人を騙すことや自分の欲望に対して人から金を集めることに葛藤を抱くはずだ

自分は人間観察が割と得意でその人が思っている事とか企んでいることとか、今焦ってるよなとか少なからずわかる

自分が正しいことを彼女に打診した時、そこで登場するのが厄介な宗教団体のような妄信的なファンたちだ

どんな悪いことをしようが彼女を肯定するに違いない、人を殺してしまっても「相手が悪いかもしれないよ」そんなことを言ってしまうのではないか?

それほど一般Vtuberの世界は汚濁に満ちている

努力はしていない、行動はしていない、実績も残していない、だけど欲しい高額商品があったときにクラウドファンディングなどを立ち上げて 150,000円200,000円などと言う普通の社会人が頑張って働いてやっと手に入れるような金額を一瞬で手に入れてしまうなったばっかりのようなど素人のVtuberの幼い少女

働いてる人たちって一体何なんだ? 

不満があればTwitterで言えばおだててくれる

ほしい物リストに高額商品を入れてTwitterで言えば誰かが買ってくれる

気に入らない人がいればTwitterでファンがつぶしてくれる、自発的にミサイルを打ち込むテロをしてくる

 

なんと腐った世界だろう?

いや、逆に楽な世界とも言えるだろうか

苦労も何もない、私は頑張ってると思うことなど何もない、だが簡単に物欲金銭欲は満たされる、なんと腐った世界だろう?

いや、逆に楽な世界と思言えるだろうか

苦労も何もない、がんばって得たものも何もない、働くことが馬鹿らしくなるね

中身はどうであれたかが1枚アニメキャラクターがついただけでこの有様

そのオリジナルアニメキャラクターに根本的な罪は無いが、自分は思う

そのキャラクターにもしも感情があるならば

「もっと楽しい世界に行きたかった」

「もっと夢をみんなに見せたかった」

きっとこんな事を考えて泣いているよ

 

こんな人がVtuberの世界を汚染しているっていうことに気づかずに、急加速でこの世界を滅ぼしてることにも気づかない、だからとても哀れだ

自分は去年のような熱い思いがもうほとんどない

去年に登場した人は非常に純粋な人が多かった、そもそもあからさまな乞食行為が良くないとされていたから

去年初めて遭遇した不愉快な出来事は前記述で話したクラウドファンディングに関わることだった

クラウドファンディング系統のサイトを利用してファンクラブを立ち上げたとある人物がいて、その頃とても好きだったので迷わず入会して、 1番良いプランに入会したのだが、予想外の出来事が起こった

そのファンクラブの代表者(Vtuber)が怠って更新を全くしないと言う怠惰を見せ始めた

誰が考えたって分かるだろう、更新がないのにお金を払うのは何のためなんだ?

自分はその時こんなことが許されるわけがないと思って直談判をしたところ妄信的なファンたちにたいそう叩かれてしまった

叩かれたと言うより、ファンたちが必死にその代表者をかばう姿を見た、そんな事ない!あなたに彼女の何がわかる!

彼女はとても苦労しているんだ!

そう言って信者たちを激怒させてしまった

 

その時初めてこの世界のことわりを知った

「好き」ならばそれだけで悪事がねじ塞がれてしまうかなと

以前大きな地震があったときにモニターが壊れたから買ってくださいと言った人がいた、当然ながら叩かれてネットニュースで話題になった

今はきっと叩かれることもないんだろうな

自分のTwitterは主に音楽や二次元創作やアニメ雑談いろいろなことをやってきたが 9年ほどやっているためフォロワーの規模が3000人いるわけで、最近変わった仕様によりそのシステムを利用して自分に興味がないにもかかわらずフォローしてくるVtuberその他が最近気になって仕方がない

最近変わった仕様と言うのはその人をフォローしている共通人物の自動提案、この人がいいねしましたなどと言う表示

このシステムがよくもあれば悪くもある

つまり基本的に相互フォローをしている人を積極的にフォローしていけば関連人物として自分が表示される可能性が高くなる

そうやって無差別にフォローをしてくる人が多くて1回も話したことないVtuber含めた人が多すぎる

 

一般Vtuberは去年フォローして相手も自分を認知している人、それ以外に最近デビューした人はもうフォローしたくないかな

薄汚い魂胆が見えてきて、思えてきてとても不愉快だ