世界が雨に啼く音

I CAN'Tで語る言葉たち…   

すべてゼロだった

小室哲哉を知っていますか

彼は幼少期から裕福だったのだろう、シンセサイザーの知識に長けてTMNで80年代欠かせない存在だった

TMNが休止したあと90年代の音楽シーンに革命を起こし、自分の好きなように塗り替え小室時代と呼ばれた

2000年に入るとR&Bと呼ばれるアメリカとは少し違う音楽が流行りだすのだが、彼にはこの音楽は範囲外だった

そして彼の、言葉、記憶だけの栄光を残し、流行に乗り遅れ、急速に落ちて行った

タレントの端くれなら流行が起きている今は何にも代え難いチャンスであり、それは最大活用しなければならない

自分の意思、こだわりなんてものはもはや関係ない

時間は待ってくれない、その貴重な時間が終わる寸前に、君は一体何ができる?

小室哲哉のように革命が起こせるのか?それだけの知識、スキル、チカラを持っているのか?

夢は叶えようとする行動が夢に繋がる

悩んで浪費した時間に意味なんてなんにもない

僕はその時間、悩んで頑張って苦労していたんだよ

そんなの通用しない、小汚い言い訳にしかならない

.

.

夢は叶えようとする行動力が夢を叶える道になる

.

.

私は努力だけで生きてきた

それでも叶わなかった夢を笑いたければ笑えばいい