世界が雨に啼く音

I CAN'Tで語る言葉たち…   

滅亡を繰り返す人間

世界は200年くらい前から滅亡に向けて出発しているわけですが、実際に惑星が生物や文明が絶えて滅亡した事は数え切れないほどある

フィラリスよりも前は分からないが、おそらく宇宙の流れの中では50億年はほんの些細な出来事で、一瞬だ


魔力を持ち、天空を飛べる事が出来た古代フィラリスの民から現在までの間に、ヒューマ二ティは驚くほどに退化した

競い合っていないと成立しない生活、魔力もない、新しい魔法を作る知恵も能力ない、暴力がないと解決出来ない平和

銀河系の文明のある惑星で地球へ来た宇宙の民はさすがに人間の醜さに驚くだろう


そもそも宇宙の民が乗り物に乗ってもし地球に着陸し、私達の惑星と友好を結びたいと願い出たら

「とっても偉い人達」は死にもの狂いで捕まえようとするだろうし、乗り物もバラバラにされて、最終的には殺されて解剖されてしまう

解剖されなくとも死ぬまで監禁されて調べられるだろう

私は呆れてものも言えない

下手に付いた知恵で開発した核エネルギーで戦争をして尊い命を滅亡させてからでないと間違いに気付かない


いつでもヒューマニティの滅亡のきっかけはまさしく「競争」が原因だった

ただ今は誰かよりも強くなったり、誰かよりも上に立つ事が生物の全てであってその概念は誰も覆せないし、概念を覆す理由もきっかけもない

だからこうして流れに従って生きるしかない

何かを傷付けた数だけ偉くなれて裕福になれる文明があと何百年も続くなら「インゲンス・ノヴァ」によって壊滅させてしてしまうべきだった


近代フィラリスでも漆黒竜の恐怖によって争いは起きているのを考えると、生物が競争するのは全宇宙の宿命かもしれない


近代フィラリスの格闘術に「サィトゥーナ」がある

魔力を筋肉に伝達させることで組織を変化させ、素早く動いたり、筋肉が鉄のような硬さになって矢も弾き返すという格闘術だ

サィトゥーナは魔力コントロールから始めるので無理に身体を鍛える必要性がない

心臓から体内に自分の魔力が回り、頭の中で思った場所の筋肉を鉄壁にする訓練から始まる

筋肉が魔力によって変化できるようになることを開眼と呼んでいる

慣れれば一瞬でどこを変化させるかがコントロールできるようになる

全身をコントロールすれば良いかと言うとそうでもない

より多くの場所を鋼鉄化したりコントロールすると魔力消耗が早いからだ


f:id:pxe:20160418123836j:plain


実践的な攻撃はさらに上のグレードになる

サィトゥーナを2年ほどやっていると様々な特殊な能力に目覚める事がある

手足を伸縮させたり、怪我を治癒したり、ダメージを衝撃波として跳ね返すなど、多くの自作技があるのだ

サィトゥーナは魔力のない現代には不可能な、いわゆる失われた武術だ