世界が雨に啼く音

I CAN'Tで語る言葉たち…   

ルピナスの記憶

飾らない空がたちまち明るく映えていく

時折吹く風が向こう側の景色を彩っている

花が咲き始めた丘の上では、今も妖精たちが飛び回って遊んでいる

目には映らない景色、まぶたを閉じた時にしか決して見えない

野良猫が空を飛ぶ

雲のソファがとても気持ち良くて居眠りをしそうだ

こんな日々もたまには悪くない