世界が雨に啼く音

I CAN'Tで語る言葉たち…   

AKG K240studio の音が変化した…明らかに

pxe.hatenadiary.com

 

ネットで大絶賛のこのヘッドフォン、この記事で購入したときの音のことを書いたが、あれから5ヶ月経過したようだ

 

普段このヘッドフォンは音楽用オーディオインターフェースのヘッドフォン差込口に刺したまま音も出しっぱなしにしているのだが、今日ニコニコに投稿予定の新曲を作っているときふと気付いた

 

音が少し変わった

 

今回相当な音圧で仕上げようとしてミックスしてたわけだが、高音が結構な感じでキンキン刺さるようになってきて、こんな音だっけと思った

エージング」っていうのはカルト宗教と同じだ

だからおそらく高音域にあたる振動板が、つなぎっぱにしてたせいでなんらかの影響を受けて振動の仕方が変わったんだと思う

ただ、やはりまろやかすぎる音には違いはないが……

 

 

だから高音域をどのくらいに仕上げていいのかがこのヘッドフォンだとわりと迷うことになる

だからと言って高音域重視しまくりのMDR-CD900STみたいなギッラギラな音のほうがいいかと思うとそうではないし…

いったい誰にでもベストな音が出るヘッドフォンはどこにあるのか…

 

 

 

 

初恋

 

幼稚園、小学生で可愛い女の子に興味が出るなんてことはよくあることで

それは心引き裂くような本気の恋なのか考えてみれば、違うような気がしている

確かに私は小学生のとき好きという範囲に入っている女の子はいたが、心までは操られはしなかった

 

中学一年の夏先頃、母親が自身当時使ってたYAMAHAの74-76年頃の、ボディには母が書いたであろうKISSのジーンシモンズの落書きがされたアコースティックギターを私に持たせ、教えてくれた

ここから音楽が始まるわけだが、この話はとりあえず置いといて

ボカロPをやっているうちに知らない間に、影から、中国から私を好きになってくれていた人がいた

多少は中国語がわかるのでビリビリ動画に投稿し始めた頃、私へ、熱い思いを告げる人がいた

Vtuberファンのとある中国友達にQQをオススメされて登録して間も無く、検索して申請してくれたその中国の私のファンとQQで交流をしている時に彼女は、村下孝蔵が大好きだと言う

私も村下孝蔵が大好きでギター人生の80%は村下孝蔵耳コピでギターを上達させた

他の20%は70年代フォークソング

棚から出してきた村下孝蔵のCDを聞き返していたら狂ったようにギターを練習していた中学当時、恋をしていたことを思い出してきたんだ

 

中学一年の春にはもうその子が好きだった

うまく話せない、やたらに目で追いかけてしまう、そんな日々

少しだけくせっ毛で、セミロングまでいかないくらいの髪の長さに丸い顔にえくぼ、可愛い二重の瞳が揺れていた

その子と仲の良い友達、アニメファン同士だからその友達とは打ち解けており、その友達と話しをすることで必然的にあの子の近くに行ける

一緒に話しに入ってきただけでもっと好きになる海よりも果てのない恋心

 

3年間のうち、一度も好きだよと言えずに振り子細工そのもの

ただ三回、年賀状を送ることで手紙を出すことができた

その葉書は今はもうない

中学2年に上がって少しした頃、うわさ話を耳にする

その子が中学3年の男子と交際を始めたと知る

普通ならショックだろうがそこまでの憎しみはなかった、それほどの想いだったから

 

高校生になっても忘れられず、17の時年賀状をまた送った

その返事をいまもなお覚えている

町を歩いている時に、自転車で走る私を見たよ、懐かしい気持ちになった、元気している?と…

あの町にはもう戻れない、戻ったとしても、もう何も残ってはいない

友達も、ギター弾き鳴らしたあの部屋も、卒業のとき私の姿を見て建物の裏に駆け込んで泣いていた怖かった先生、そして「あなた」さえも

 

 

 

近くにいるのに、会いたくなれば会えるのにどんどん遠くなり

交差するそれぞれの未来への道に、想い出が散らばっていく

愛になれずに遠く離れ、どこかに置き去りのまま知らぬ間に消えた初恋

目を閉じて思い出せば鮮やかに蘇ってくる映像がある

 

記憶の中の自分は胸を熱くしながら、あの頃の、少女のままの君をまだ見つめている…

 

 

 

 

 

村下孝蔵の「故郷へ」を中国語翻訳してみた

 

 

村下孝蔵 "想回故乡家去"


我也长大成人了啊
一边这样想一边眺望着房间里的照片,渐渐想起来了 我的怀旧学生时代和秋日

我的光头很丢脸所以用帽子遮住,和好友在畦道上学路上走着
想见一个单相思的女孩,在做花占卜边我等你

远方的故乡能像从前那样宽敞吗
夏天到了就想回去
奶奶,希望你身体健康
希望你在晒着被子的院子里再谈一些往事


大哥, 大姐, 大家都住在很远的地方很难见面
因为我们各有各的人生
但是到了夏天我们一起在故乡聚聚吧

远方的故乡没有改变吗
夏天我回去时候,我会带很多土特产的
就像那时候一样 一边喝茶一边聊天吧


远方的故乡能像从前那样宽敞吗
夏天到了就想回去,爸爸,妈妈 希望你身体健康
好怀念啊 我的故乡
爷爷 我带花去墓地,希望你等我

 

 

CDの歌詞カード印刷で問題多すぎた(問題解決)

横24ミリ縦12ミリで、一般的な歌詞カードを作りたかった

 

が…セブンのマルチコピー機に自動拡大機能がついていて

横24ミリ縦12ミリで印刷ができるまですごく苦労した…

とりあえず試しに白黒印刷して、ダメだ…家帰ってネット調べて作り直し

ネットで調べたとおりにやってもうまくいかない…

 

いろいろなサイトで言及されているが、どうもわかりにくい専門用語ばっかりで不親切に感じたので忘れないように

あと、キーワードでこのブログに来てくれた人のために

 

わかりやすく 説明する

 

-----------------------------------------------------------

 

(1)まずbmppngで超高画質の歌詞カード素材を作る。キャンバスサイズは

 

縦1440ピクセル 横2880ピクセル

 

これでなるべく真ん中に文字を入れないように(ホチキスするから)

好きなように歌詞カードを作ってbmppngなどで保存する

あと、市販CDの歌詞カード見てどういうページあわせになってるか確認も忘れずに

 

次に

(2)キャンバスサイズ4780×3411の余白ページを作る

 

f:id:pxe:20190121190140j:plain

 

 

ここに作った歌詞カードの画像データを貼り付ける

上の画像みたいに上下ふたつ4P分貼り付けられる

そしてできるだけ最高画質のJPEGで保存する

どうしてJPEGか?セブンの印刷機pngが読み込めない…

しかもPDFではこのあと説明する「ちょっと小さめ」ができない

JPEGは、ぶっちゃけると画質は下がってしまうけどコンビニの紙と歌詞カードの文字の大きさで考えれば大丈夫な範疇だと思う

なにしろ他の形式が読み込めないからどうしようもない

 

 

(3)USBにデータを保存してセブンへいく

プリント→普通紙印刷→USBをセットしてさっきの大きいJPEG画像を読み込ませ

 

A3用紙

「ちょっと小さめ」する

 

 

この設定で印刷すると二列に貼った歌詞画像が縦12ミリ横24ミリで出てくる

 

印刷機の仕様なんでしょうね、pngbmpの印刷はできない

PDFは ”絶対的” なサイズである、というものもセブン印刷機の自動拡大機能で無意味と化す

しかもPDFのときは「ちょっと小さめ」が選択できない

これだとイラストとかに詳しい人じゃないともうピクセルだのmmだので相当意味不明なのでJPEG一択なんじゃないだろか

 

(残念なところ)最終妥協点

USBからの印刷では両面印刷ができない!!

 

徹底的に調べたわけではないけどコンビニ店員にUSBからは両面印刷できませんと言われた

今回は妥協して片面印刷で歌詞カードを作ったけど

あまり厚みがあるとケースの表面のカード口に入らなくなるので要注意

 

 

自宅に印刷機があれば紙のセットし直しで両面は簡単にできるんでしょうね

今回は12P(両面で6Pにする予定だった)で作ったけど

この枚数でケースに入るギリギリだった

 

 

歌詞カード作りたいけど手作り感のあるレベルでいいよ、ピクセル?センチ?一体どうしたらいいの

という人がいたらこの通りにやってみてほしい

ここまで来るのマジで苦労したわ…

 

 

 

まぶたの流れ星

夜中に目を閉じて眠ろうとしているときに

静かな森の風景が広がって、流れ星が過ぎていくことがある

これはパルパラポスと言う幻想が近づいていることなのだが、私たちはパルパラポスに近づけない

f:id:pxe:20190115040032j:image

時空力が弱い世界の学園に留学した

時空力半分以下の世界の学園に留学した
うたた寝から目覚めるとなんか変だ
言ってること習ったウランバグル語だ…そうだいままで習ってきた言葉だった

 

時空装置ONに…カチッ
オレは時空力が半分以下の世界の学園に留学した
軽くボール投げれば300キロ、ドアノブをちょっと掴んだら捻じ切る
オレはこういう世界で大変なことにならないように留学したときの博士に

この装置を持たされた

 

これをONにしないと、その世界のゼログラビティに馴染めない…と

なんかメンドクセーな…と思いつつ、装置をONにして授業に参加して促す

 

 

ウランバグル語を使うこの世界は地球とはちょっと違う次元の世界で

テストみたいな感じで双方の試験でオレは留学することになった

 

 

 

 

キーンコーンカーンコーン…

 

お昼休みが終わる頃

急に便意に襲われて、どうもこのままでは間に合わないと思ったオレは装置をオフにしてトイレを済ませた

 

ふ~~

 

トイレから出ると身長200はあるのかという大男が後ろからほえてきた

この学園のヤンキーらしい

 

時空装置をオフにしたままその場を去ろうとしたがギュ!と背中を掴んできた

「アルラ、ガサマーンダハンセンヨンダラワナン!」

 

どうやら「テメーは転校生で浮かれてるな、オレが番長なんだ!」

 

といってるらしい

 

カレは胸倉を掴みながら思いっきりパンチを振りかざしてくる

 

 

時空装置がオフなのでホントに遅い赤ちゃんみたいなパンチだが、このまま食らうのはどうかと思ったオレは

番長の左腕を右手で掴み、軽くギュっと左にひねってみせた

 

 

すると番長は全身で左側に大きく傾き、校舎のガラス窓をメチャクチャに叩き壊しながら撃沈してしまった…

 

しまった…やりすぎた

そう思ったけどチャイムが鳴るので20段の階段を飛び越えて教室に急いだ

 

 

でも、この怪人、超人的なチカラを影で見ていた保健室の「アルミナ」先生がいた

オレはこの先、超人的なチカラを使ってこの世界のワルモノを制裁する

アルミナ先生が闇でたずさわるそういう組織に協力していくのかな

 

そう思った

憎しみに変わっていく感情

ずっと愛してきた物がある

音楽制作だったり絵だったり歌だったり踊り、ずっと真剣にやってきた趣味特技が

ある日突然現れたど素人が自分より上の上まで駆け上がり、注目される

注目されることで調子に乗ったことがさらに人気に火をつける

金を稼いでいる、みんなが夢中になっている

わたしはどうしたんだ?感情が憎しみに変わっていく

自分の愛する物が汚される、バカにされる

その人は短い命だとわかっていても、気付いたら恨んでいる、引き裂きたいと思っている

どうしてわたしはあまり評価されないのか

どうしてわたしの善意が利用されるのか

金なんて欲しいと思ったことない

誰かに見て聞いて喜んで欲しいだけで

それがわたしは「夢を与える」ことだと思っている

人から金を巻き上げることと夢は共存し辛い

「プロ」に限った話なら別だが、そのプロはちょうどこの話のように何かを全身全霊で愛した結果

人がお金を払っていいと認めるレベルに到達した、それがプロという物

金を貰うことはプロの仕事だが、本当に価値があるのか?

文章で伝えきれない

あまりにも憎しみが強すぎて

大好きだった人が嫌いになっていく

殺意に近い感情を抱くようになる

ずる賢いやつが札束掴んで

無欲の愛を注いだ人がボロボロになって

夢に真剣になれば見向きもされず

歪んだ形で割り込んできたど素人が脚光浴びて

もうこの世界、滅びろよ

欲しいものリストで市までバレるのは避けようがない

よく欲しいものリストを使うと住所がバレると聞くけど、今月はじめて欲しいものリストにプレゼントを贈った

前提で、どうしても配達先で県はわかってしまうが、プレゼントをした側も郵便事故などを避けるために配送状況のメールが届く

この配送状況で「◯◯様に配達完了しました」の段階になってからもう一度確認してみると

「◯◯市郵便局に到着しました」

のようなメッセージが出てくるのでこの時点で何市なのかがわかる

と言ってもよほど田舎でない限り市がわかったところで特定材料は少ないと思うけど…

Vtuberなどで欲しいものリストを貼るのが当たり前になっていて、やたらに慎重になってる人もいるけど

心配するほど相手はあなたに興味ないので大丈夫

わざわざそっちに向かって探し出すやつなんて滅多にいないから

新しい曲を投稿しました

t.co

「ギミギミ☆クリスマス」鏡音リンです

 

 

毎回わたしってクリスマスひとりで過ごしてるよね

でもいいんだ

わたしにはクリスマスをひとりで楽しむ方法を知ってるんだから…

 

という曲。とても楽しい曲なので聞いてください

24時間布団の中にいた

日曜日の後半から体調が悪くなって、結果24時間布団に入っていた

そういう時は辛いもの食べて元気になりたい

f:id:pxe:20181120082750j:image
f:id:pxe:20181120082746j:image

激辛トゥムセラーメン

ラーメンたべたあとはおじやにすると美味しい

 

ある日突然蕁麻疹

自分は慢性蕁麻疹という病気まではいかない症状を持っている

なかなかに厄介で地味につらい

 

中学1年の時、あれは確か夏

学校から家までの道で木陰が続く歩道を歩いていると突然背中がじわっと痒くなった

本当に突然

後ろ手にボリボリかきながら帰宅して母親に見てもらうと蚊に刺されたように肌が薄桃色に腫れていた

風呂から上がると上半身は赤くなり、じわっと痒みが…

 

少ししてから皮膚科へ行くと

これは慢性蕁麻疹で原因がわからない病気で治ることはほぼない

とのこと

それから蕁麻疹と付き合うことになってしまった

 

夏とか風呂上がりとか身体が熱を帯びると痒みが発生するが、いまはその痒みにも慣れたので風呂上がりと夏はなんとか大丈夫

 

ちょうどさっき、顔の眉間のあたりが痒くなってグーッと揉んだりしてた

眉間を揉むとおでこへ、おでこを揉むと頰へ、顔全体へ…実に鬱陶しい

 

慢性蕁麻疹がどの程度のレベルかはわからないが傷跡が残るほどかいたりはしてない

 

よく痒くなる場所は背中、腕、太もも、顔

太ももは面積が広いからか痒みレベルが高いように思える

 

最近知ったのだが、2018年の医学では慢性蕁麻疹は治る病になったらしい

 

長年付き合ってきたけど治るなら治したい